尾道デニム写真集 page10

こんばんは。ONOMICHI DENIM SHOPです。
先日までの工事も終わり、今日は無事にSHOPをオープンすることができました。残暑が厳しいですが、日を追うごとに秋めいてきてこれから絶好のデニムシーズンがやってきますね!

尾道デニム写真集ですがいよいよpage10です。今回ご紹介するのは牧師さん(神父さん)のデニム。向島の教会のこちらの牧師さんはスラッと背が高く脚も長いスタイルの良い方なんですが、プロジェクト参加当初は色々と悩みも多かったようです。そんなエピソードと共にご紹介したいと思います。

img_2172

img_2173

LOT No.366B
職業:牧師
MODEL:RESOLUTE 710
サイズ:W76cm/L79cm(W30/L34)
price:¥38,800+tax

※牧師とはプロテスタント教会の聖職者、神父とはカトリック教会の聖職者で、こちらのデニムの職業は正確には「牧師」さんです。私たちは愛称で神父さんと呼ばせていただいていましたので、タグには「神父」と記載させていただいています。ご了承ください。

「牧師さんがデニム穿いていいの?」素朴な疑問ですが、こちらの牧師さんはOKだったのです。普段のお祈りの時や教会での行事でも本当に毎日穿いてくださいました。周りの方たちのご理解・ご協力があってこそですが、「デニムを通じて尾道の魅力を伝えたい」というプロジェクトの主旨に賛同いただけたこと、本当にありがたく思います。

さてそんな牧師さん、デニムを穿くようになってしばらくすると、お子さんから「パパのデニム全然ダメだよ!」「大工さんや漁師さんみたいにカッコよくないよ!」ときびし~い指摘が入るようになってきたそうです^^。そんなことを言っても牧師さんは牧師さん、大工さんや漁師さんみたいにガシガシ身体を動かす訳ではありません。悔しいけどこればかりはどうにもなりません。しばらく悩んだ末に牧師さん、ある行動にでます。それは、教会の草刈りや庭仕事の時にもデニムを穿くことでした(笑)

img_2174

カッコいいデニムに育てるため、プライドのため^^、牧師さんとデニムとの長い付き合いが動き出したのはこの頃からのようです。毎週交換にお伺いする度に「私のデニムの色は大丈夫ですか?」と気にされていました。はい!すごくカッコいいデニムになりましたよ。このデニムは、牧師さんと相談しながら通常より長い1年10ヶ月をかけて完成となりました。本当にありがとうございました。きっと素敵な方が引き継いでくれるはずです。

<デニムの汚れ>
img_2161

img_2160

6月に起きた備後地方の大雨による土砂災害の時、牧師さんも島のあちこちの被害現場に応援に駆け付けて復旧作業に尽力されたそうです。その時に付いた泥汚れの跡がデニムにはうっすら残っています。でも、これは価値ある汚れです。
img_2175

牧師さんのデニムは明日からONOMICHI DENIM SHOPの店頭で販売開始です。
皆さんぜひ実物をご覧にSHOPへお越しください。楽しいエピソードを交えてデニムをご紹介したいと思います^^


The following two tabs change content below.
WADAMIKIHIRO

WADAMIKIHIRO

学生時代にデニムと出会い、デニムの仕事に携わり続けてかれこれ20年。穿き込むことでどんどん自分にフィットしていくデニム本来の魅力は勿論のこと、尾道デニムを通じて人と人とが繋がることの楽しさを、たくさんの方にお伝えしていきたいと思っています。
WADAMIKIHIRO

最新記事 by WADAMIKIHIRO (全て見る)

Translate »