2ND OWNERS


PHASE 1では「働くデニム」をテーマに、尾道を舞台に職業別のオンリー1デニムを創作し、尾道という町の空気が、ここで働く人々によってデニム1本1本に刻み込まれた。PHASE2では、「旅するデニム」をテーマに、尾道デニムは国内外へと旅をする。海も山も越え、そこで暮らし、働く人々への手に渡り、新たな物語が刻まれはじめる。どこの町に行っても一生懸命に働く人々は格好良いという価値。その価値を、デニムを通して世界へとつないでいきたい。


522133_568297629877746_1010418277_n-600x600
SHINGO HORIE


area as GERMANY

三重県奥伊勢出身。10代でスキューバーダイビングにハマり、ダイビングインストラクターになるため、尾道で海技学院に入学。卒業後、ダイビングインストラクターとして就職。山口県、鹿児島トカラ列島、沖縄本島

002-600x600
MARIKO TAKAZAKI


area as FUKUOKA

福岡県出身。大学卒業後、JOCVに参加し中米グアテマラに2年間滞在。今はグアテマラの先住民女性たちと一緒に伝統の手しごとを使ったオリジナルのものづくりをするilo itoo(イロイトー)のマネージャー。

img
MEGUMI OTSUKA


area as OKAYAMA

尾道で生まれ、多感な時期を尾道と共に過ごす。現在は岡山市にて子育て中のママ達を中心にmegu-yoga主催 yoga teacherとして指導を行っている。2女児を育てる普通のお母さん。

0022
KAI ISHII


area as ITALY

昭和64年生まれ、横浜の南端で山と海に囲まれて育つ。靴作りを学びたい、その思いだけであてもなく海を渡りイタリアへ。運良く工房が見つかり、現在、フィレンツェで修行中。

gohan
GOHAN TO OTOMO


area as NATIONWIDE

ごはんとおともは、橋本英治(写真左)と詫摩友彦(写真右)で立ち上げたプロジェクト。お米がただ単に売り買いされる「義務的」になっていることがもったいないと感じ、「お米LIFEをおもしろくする」をコンセプトに活動中。

002-600x600-1
MYOUCHIN NAKAMURA


area as YAMAGUCHI

周防大島 中村農園代表。山口県の周防大島で自然栽培の南高梅やオリーブ、野菜を栽培しています。移動販売とイベントの企画団体「寄り道バザール」を夫婦で主宰。

00012-600x600
KAZUE ISHIHARA


area as GIFU

岐阜の郡上八幡でデザインのお仕事をしつつ、ほとんどオープンしないことで有名な☆星屑社☆という雑貨屋をしています。いろんな所に絵を描きに出かけることも多く、愛着の持てる仕事着が欲しいなぁと思っているところに…

11655525_1005807656118617_1792727418_n-600x600
KENSUKE KUMAGAI


area as THE WORLD

1984年 横浜生まれ。現在はフリーライターの仕事をする傍ら、3年をかけて自転車世界一周中。「変化を恐れずに挑戦する文化の創造」を目指しています。まずは僕が動き出さなければいけない。

11139456_10205484472645713_1236268283_n-600x600
NAOHIRO SHIOMITSU


area as YAMAGUCHI

尾道と尾道の人をこよなく愛する山口県萩市の男。人に惚れ、街に惚れこんでしまいました。尾道と同じく人の魅力で溢れるい萩市を、尾道デニムと共に微力ながら発信していきたいと思います。

11164093_812532445504522_659616020_n-600x600
YOHEI MURAKAMI


area as THE WORLD

あるかどうかもわからない「人生の黄金比」を模索しながら年に半分は世界を放浪。食いぶちは、写真・映像・ライティング・グラフィック・WEB など。日本にいるときはハイエースが家のリアル車上生活者。

001-600x600
GO SETOGUCHI


area as OITA

“国内外の映画、映像製作の現場で活動、また東京で建設業と映像製作事務所を兼ねたWBPを起業の後2015年1月に大分県日田市に移住。

miura-600x600
HIROKI MIURA


area as SHIMANE

島根県で企画会社をやっています。友人が尾道に越してきたことをきっかけに、尾道の人や文化や新しい取組みに沢山触れさせてもらっています。

14
SOICHIRO HAYASHI


area as KYOTO

観世流能楽師 (林家次期十四世) 初舞台は3歳と早いくせに、デニムとの出会いは10歳とやや遅め。それ以来デニム好きとなり一本をとことん履き潰すタイプ。

16
KOJI NISHIKAWA


area as HIROSHIMA

尾道市の最北端、自然豊かな福祉の町、御調町で生まれ育つ。学生時代の福祉活動を根元にして、現在の精神保健福祉活動を仕事に。尾道デニムのコンセプト「人それぞれの個性や物語」「当たり前に価値がある」に共感。障害のある方の幸福追求、社会参加を通して、地域が豊かになればと妄想を膨らませ中。


NAOKO WAKIMOTO


area as FRANCE

瀬戸内海地方(広島県広島市)出身、地中海地方(南仏プロヴァンス地方Aix-en-Provence市)在住。仏語法定通訳翻訳、グラフィックデザインをしています。 デニムという呼称の発祥地であるニーム(市)はプロヴァンス所在ですし、このプロジェクトに何やら縁を感じています。10年くらい履かなかったデニムを最近は履こうと思った矢先のプロジェクト参加なので愛着を持って履き込みたいと思います。


DadaD


area as TOKYO

ヴォーカルKate(ケイト)とトラックメイクShige(シゲ)による男女POPデュオ。2011年「Go Around」でメジャーデビュー。その後、数多くのCM音楽を手掛けるなど活動中。世界で一番好きなファッションはデニムスタイル!

11139456_10205484472645713_1236268283_n-600x600
YOSHIHIRO WATANABE


area as AMERICA

長崎県出身。ニューヨーク在住。役者兼パフォーマー。笑顔を世界にをテーマに「あなたの笑顔は美しい」のメッセージを掲げ日々活動中。2013年「命の絆プロジェクト」でアメリカ6000キロを踏破。その後日本を笑顔にとちょんまげ姿で日本全国8000キロを一筆書きで踏破。


TAICHI YAMADA,MIKI YAMADA


area as HIROSHIMA

2014年に東京より広島に移住。2015年4月より広島市南区の宇品で築86年の祖母の家を改装し、街から少しだけ離れた住宅街に新たなカルチャーの発信できる場所としてコーヒースタンドを主にヴィンテージ雑貨、植物などを扱う『u-shed』を開店。イベントとして友人のアーティストやデザイナー、作家などを招待するなど自分たちに出来ることを模索し日々奮闘中。


Cristina Lucia Geisse Bottles


area as KYOTO

チリ出身の茶道家。京都という町に惹かれ、そして、お茶の文化に魅了された。茶室のある日本家屋「陶々舎(とうとうしゃ)」に暮らしながら、同世代の茶道家と共に、お茶のある生活を実践中。


KOUJI HIROSE


area as KYOTO

1970年、京都市生まれ。大学卒業後、オーストラリア滞在中に日本の食文化に目覚め、食材を活かす道具に着目し庖丁屋で修行。食道具竹上の独自ブランドを立ち上げ、庖丁コーディネータとして活動中。全ての料理する人に向けて、最適な庖丁をアドバイスし、庖丁の調整~本刃仕上げ研ぎをする傍ら、庖丁料理文化を全国で伝え続けている。


AKIHISA YAMAMOTO


area as KYOTO

1975年京都生まれ。国内で数少ない手仕事による和鏡・神鏡・魔鏡を製作する山本合金製作所に生まれ、大学を卒業後、家業に入る。祖父、山本凰龍に師事して伝統技法を受け継ぎ、全国の社寺の御霊代鏡や御神鏡の製作や博物館所蔵の鏡復元に携わっている。2014年、安倍首相からローマ法王に献上された切支丹魔鏡の制作に関わる。工芸の新しいあり方を模索し、アートプロジェクトなどにも積極的に参加している。


TOMOYA SUZUKI


area as AICHI

愛知県北名古屋市出身。10代でモトクロスを始めて、現在は北名古屋市を拠点に日本各地とアジア各国のレースに参戦中。

artos
FUMIYUKI NISHIMURA,SACHIKO NISHIMURA


area as SHIMANE

松江市出身。1966年創業の新刊書店を営む。先代から引き継ぎ2005年リニューアルオープン。店名を「artos Book Store」に。

yajirushi31

STARTER KIT


穿き込む人と洗いの技術によって加工では出せない“本物”の色落ちを追求したのがONOMICHI DENIM。その特徴を家庭で最大限再現できるようパッケージ化したSTARTER KIT。自分のデニムの色落ちを愉しみながら、あなたの物語を刻み込んだ1本が育上がる。


11139456_10205484472645713_1236268283_n-600x600
TAKEO NAKAIE


area as KYOTO

栃木県足利市出身。東京での某造船会社勤務の後、自分なりのモノづくりを目指して京都に移住。現在、天然染色工房「手染メ屋」にていろいろ染色中。尾道デニムプロジェクトの”職業による色落ち”のリサーチに協力させていただくことになりました。ONOMICHI DENIM STARTER KITを使い、色落ち経過を定期的にレポートをしていきます。

11139456_10205484472645713_1236268283_n-600x600
ATSUSHI NISHIZONO


area as KYOTO

和歌山県出身。フリーのグラフィックデザイナー兼イベント屋の卵。京都の美大を卒業後、家業の電気工事を手伝いながら若手作家のアーティストブックを作る活動をandbooks名義で開始。電気の仕事を辞めて約10年ぶりに京都に帰ってくるやいなや、なぜかいろんな企画に首をつっこむ存在になる。ONOMICHI DENIMもその一つです。

yajirushi31

STAFF



MIKIHIRO WADA


operating as PROJECT MANAGER

学生時代にデニムと出会い、デニムの仕事に携わり続けてかれこれ20年。穿き込むことでどんどん自分にフィットしていくデニム本来の魅力は勿論のこと、尾道デニムを通じて人と人とが繋がることの楽しさを、たくさんの方にお伝えしていきたいと思っています。

ogawa1
KASUMI OGAWA


operating as PUBLICITY FOR A PROJECT

関東から移住してすぐに尾道のまちと人と関わり、立ち上げた愛すべきプロジェクト。“尾道から世界へ”という夢を実現するためには、格好いいデニムが出来上がることに加えて、そこに注がれる熱が必要不可欠だと感じます。ONOMICHI DENIMを想像がつかない世界へ連れていきます!

nawachi
KYO WATAYOSHI


operating as SHOP STAFF

今までただのファッションアイテムだったデニムが、このプロジェクトでは人と人を繋ぐアイテムになっています。そんな魅力に引き寄せられ尾道にやってきました。尾道の個性豊かで濃ゆ~い街の人々の魅力、そして働く姿のかっこよさというものを、デニムを通して発信していきたいと思います。

onomichippl-600x600
ONOMICHI


operating as COLLABORATOR

古くから人、モノ、情報、文化が交わる場所だった尾道。この町を訪れて感じる心地よさ。それは、人が暮らし、日々仕事をする中で生まれる誇り、故郷への愛を、余所から来た人にも言葉で伝えてくれる温かさであろう。訪れる人たちを優しく包む懐の深い尾道だからこそ出来たプロジェクトである。

nawachi
TAKUYA NAWACHI


operating as MANUFACTURING

ONOMICHI DENIMの色落ちや独特の風合いは、どこにも負けず劣らないモノだと思います。まさに一見無駄にみえる様な行程を省かず行う事により、贅沢なモノになり意味を持つ、とても価値ある商品だと思います。この、ものづくりの価値観をシェアできる人を増やしていきたいですね。

hamano1
MARIKO HAMANO


operating as SHOP STAFF

神奈川の実家でプロジェクトの特集をTVで見て衝撃を受けた。気付けば車で尾道へ向かい、今はSHOPで働いている。コンセプトのあるお洋服が山ほどある中、ノンフィクションの物語が詰まっているのはONOMICHI DENIMだけ。素敵な1点モノが、毎日をワクワクさせてくれます!

danjyo
YUKINOBU DANJO


operating as DIRECTOR

物が手に入リ易い時代だからこそ本物の価値を理解し、その中で「ここで造る事の意味」や「MADE IN JAPANの価値観」を追究していきたい。「尾道のリアルワーカー」と「日本のものづくり」から生まれる「本物のヴィンテージデニム」…やっぱ、ONOMICHI DENIMでしょ!