おすすめHawaii Level.05 後編

By 2015年9月3日村上洋平

全5回”デジタルホームレス的Hawaiiオススメ特集”も今回で本当に最終回。”ハワイ離島生活”の〆をお届けいたします。更新が滞っておりまして死亡説流れておりますが、屋根壁見つけ、雨風凌いで必死に生きております。やり残したことは山盛り、まだまだ死んでも死にきれぬ、浮浪業界の不死鳥こと”デジタルホームレス”の村上洋平です。

韓国から戻り、東京・大阪・松山…そしてもちろん尾道と、西日本を中心に駆けずり回っていますが、お話はハワイ・モロカイ島。隔離されたハンセン病患者の生活改善のため、氏が生涯を捧げた”カラウパパ”へ。
DSC_7318
マウイ島から船に揺られること一時間強。
DSC_7811
真夜中のカウナカカイに上陸し、海岸でソロテントを張り、日のきつくない早朝に自転車を走らせます。

カマコウ山のふもとまで自転車で3時間。日が高い時間帯は、途中のビーチで水浴びと昼寝をして、過酷なアタックに備えます。

そこから、漕いでは登れない急な坂道を自転車で押すこと5時間。独立したばかりの時にお金が無くて、神戸から東京まで撮影のため自転車で横断した際の、箱根の山越えに比べたらこんなのへっちゃらさ。

予想以上に時間を要してしまい、山頂のカラウパパ展望台に着いた時にはすでに日は暮れ、小雨まで…。
DSC_7455
雨は次第に強くなり、やがて豪雨へ。チープなテントを打つ雨音が野犬の遠吠えをかき消してくれることだけが唯一の救いです。
DSC_7465

でも、サバイバルブランケットがあれば安心。
サバイバルシート_SV
天候の急変による体温の変化や雨・風から体を守るための緊急用シートです。外気からの冷えを防ぎ、体の熱を反射して体温を閉じ込める、この防寒・保温シート。災害時はもちろんのこと、登山、釣り、キャンプなどのアウトドアで重宝します。薄くて軽くて便利。コンパクトにたためば持ち運びもできる雨風や直射日光も防げるマルチシートです。一家に一枚、常備しておいて損はございません。
blanket
※東京都港区HP災害対策に載っている写真の引用です。写真クオリティーのクレームはそちらへどうぞ 笑

そして、日の出と共に20kgの機材を担ぎ、いざトレッキング。急な斜面に作られた簡易の山道に沿って山をくだります。
DSC_7555

DSC_7556

2時間かけて、下まで到着。
DSC_7600
さっきはあんなに遠く見えたカラウパパの街に到着し、感動がこみ上げてきます。
DSC_7611
泥だらけの靴がここまでのキツかった道のりを物語ります。
DSC_7583
さ、重い腰を上げ、街に入って奥へと進みます。しかし5分も経たないうちに、なんとショットガンのようなものを肩にかけた大男が行く手を阻んできたのです。

「ヘイ!!ボーイ!!誰に断ってここに来てるんだ!!ここが立ち入り禁止エリアな事知らないのか?許可書は持ってるのか?」
答える暇もないほど早口で畳み掛けられ、ついには

「5秒以内に後ろを振り返り来た道を引き返さないと、レンジャーを呼んでヘリで連行しブタ箱にぶちこむぞ!!」

あれだけ苦労してきた道を黙って引き返すわけにはいきません。
「ちょっと待って。すごく苦労して来たん…」

「5・4・3…」
聞く耳持たず、カウントがはじまります。

えー…、ソッコーでUターンし、大男が見えなくなるまで競歩ばりの早足で退散。余裕な顔して海岸でタバコを一服ふかしますが、心臓はバクバク…。そんな、甘く切ない思い出のカラウパパでした。
DSC_7590
結局、まともに撮った写真はこの一枚のみ。

実際に行かれる際はこちらのサイトをご参考に。ちゃんとアクセスできる手段が書いてあるのを帰国してから見つけました…泣
http://www.pacificresorts.com/webkawaraban/special/110120/

そんなモロカイ島での一番のオススメは、「カネミツベーカリー」。店の裏路地の小窓が夜10時に開き、ローカル民がこぞって並ぶホットブレッドの販売がはじまります。
eating55_02
お味のほうは…
eating55_04
是非行ってお試しください。食事の記憶は、一緒に食べる人やその時の体調、環境や状況に大きく影響すると言われますが、僕は今まで食べたパンの中で一番美味しかったと断言できます。数十種類ある中から2種選ぶ甘いジャムやクリームとホカホカの焼きたてパンの旨さが、疲労困憊の体に染み渡り生きているという実感を覚えました。

モロカイ島は本当に素晴らしい。

携帯バッテリーさえあれば、波の音をBGMにどんな贅沢なオフィスよりも素晴らしいデスクで1日中仕事ができます。
DSC_7633
街の子供達はちょっとやんちゃですが、素直でいい子たちばかり。
DSC_7360
島民全員が集まるパーティーにな参加させていただいたのですが、食事やビールを沢山ふるまってくれ、
DSC_7708
翌日には島南端までドライブにも連れてってもらって、未開発の海でビールを飲みながら昼寝。
DSC_7787
そして、ここでは書けないあんなことやこんなことも 笑

言うまでもなくハワイ諸島の中で一番好きになったこのモロカイ島。秩序が守られた無法地帯のこの場所に再び訪れる日は、そう遠くはない気がしています。
DSC_7625


The following two tabs change content below.
YOHEI MURAKAMI

YOHEI MURAKAMI

あるかどうかもわからない「人生の黄金比」を模索しながら年に半分は世界を放浪。食いぶちは、写真・映像・ライティング・グラフィック・WEB など。日本にいるときはハイエースが家のリアル車上生活者。
YOHEI MURAKAMI

最新記事 by YOHEI MURAKAMI (全て見る)

Translate »