STARTER KIT × 染色家、はじまります

By 2015年7月11日NEWS, REPORT

ONOMICHI DENIM PROJECTにどなたでも参加ができるスペシャルキット《ONOMICHI DENIM STARTER KIT》が誕生して、もうすぐ1年。遠方の方々からのご購入も増え、自分オリジナルのデニム制作を愉しんでいただいております。履き込んで育てあげたデニムを売ってくださる方も少ない中、職業による色落ちをレポートしてくださる方が登場しました!

ONOMICHI DENIM STARTER KIT
このSTARTER KITは、新品のデニムを購入していただいた方に限り、+3,700円(税別)のキットが購入可能になります。

R0018469_M
その中身はというと・・・
1)ONOMICHI DENIM洗剤 +計量カップ 30ml対応 / 1L
→だいたい30回くらい洗えます
2)洗いのレシピ
→デニムプロジェクト推奨の洗い方をレシピ化
3)洗いの専門工場発送用伝票 × 2 + 発送用の袋
→デニムプロジェクトでは、新品デニムを履いてから、初めの2回の洗いが色落ちのベースを作る重要ポイントと推奨しております。そこでキット内には、プロジェクトでも毎週の洗いでお世話になっている「Tedファクトリー」で洗えるチケットを同封しています。3回目以降の洗いは、自分らしくガシガシ履いて、デニム専用洗剤で洗う・・・これでOK。

ポケットの内側にLot.ナンバーを押しているので、手元に渡ったその日から、ONOMICHI DENIM PROJECTの一員です。お好きなように自分の色落ちを愉しんでください。

委託販売もOK
こうやって、半年、1年、2年と履きこみ、デニムが育った暁には、目利きのプロがあなたのデニムをじっくり査定し、ONOMICHI DENIM SHOPで委託販売も出来ます。
▼詳しくはこちら
名称未設定 4

STARTER KITのレポーターが登場
さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本題。この度、京都で染色の仕事をされている「中家 壮雄(なかいえ たけお)」さんが、STARTER KITを使い、デニムの色落ちの経過をレポートしてくださることになりました。さらに、半年〜1年、またもた2年…と履きこみ、良い色落ちになった暁にはSHOPで委託販売もしてくださることになりました。中家さんは、天然色工房 手染メ屋 京都で職人さんとして働いていらっしゃいます。染色家さんデニム・・・。まだ当プロジェクトでも挑戦したことがない初めての職業。その色落ち、刻まれた物語の経過をシェアしていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

unnamed-5

中家さんから一言
京都手染メ屋の中家です。ご縁があり尾道デニムプロジェクトに参加することになりました。このプロジェクトの魅力である”デニムがどんな人に、どのように履かれたか”を知ってもらうために、僕という人間とデニムの経年変化を発信していきます。今の自分が1年間履くと、デニムがどんな顔になるのか楽しみです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・名前:中家 壮雄(なかいえ たけお)
・職種:天然染料を使った染色加工業
・普段のお仕事での格好
トップス:カットソー / ボトム:デニム or ワークパンツ


The following two tabs change content below.
KASUMI OGAWA

KASUMI OGAWA

関東から移住してすぐに尾道のまちと人と関わり、立ち上げた愛すべきプロジェクト。“尾道から世界へ”という夢を実現するためには、格好いいデニムが出来上がることに加えて、そこに注がれる熱が必要不可欠だと感じます。ONOMICHI DENIMを想像がつかない世界へ連れていきます!
Translate »