父の日 〜デジタルホームレス編 VOL.12〜

By 2015年6月25日村上洋平

ボウズがBOSEで上手なBoseの声聞いた♪ どーもー、永遠のストリートハゲチャビン 別名”デジタルホームレス”の村上洋平です。父の日なにあげよ?と、過ぎてしまった父の日がとうの昔に過ぎていることを無視してスチャットモンチー聞きながら考えています。

この曲を聴くと、山口に暮らす両親の顔を思い出します。
cover170x170
♪ M4EVER/スチャットモンチー

製薬会社を退職した後、昔から料理好きな母は改めて料理の基礎を学ぶため料理学校へ入学。和・洋・中・パン・和菓子と様々な学科を総ナメしてゆきます。歴史が好きな父は退職した後、55歳で大学に入学し心理学を専攻。有名な歴史上の人物が歴史を動かしたその時の心理を知りたい…と。ちょっと意味がわからないくらいアグレッシブなふたりは、地元山口県で何か面白いことはできないか?と、考えました。
2000px-Map_of_Japan_with_highlight_on_35_Yamaguchi_prefecture.svg

母は、たくさん学んだ中でも”パン”に特に魅力を感じたそうな。父は、歴史や心理学の勉強そっちのけで、ウクレレにはまっているそうな。

ある時、父は思いつきました。
「そうだ!! オレ(父)がウクレレを弾いて、おまえ(母)がパンを焼いて、ウクレレがBGMのハワイアンパン屋をやろう!!」
いいアイデアでしょ?と、久々の帰省で聞かされた時には絶句してしまいました。どうやら、山口のド田舎には東京のブームが5年遅れで来るようです。

父:誠孝 65歳、母:和子 58歳。いつまでも夢を忘れない二人の間に生まれて幸せに思います。母の日はコンランショップの製パン道具とビーチウォークでメイソンジャーをセレクト。

せっかくハワイに来てるので、ウクレレの衣装にと、ビンテージアロハシャツショップでこちらの2枚をチョイス。
S__3866661
(サイズが大きいのしかなくビンテージではなく新品感あるやつですが…)

想いがこもっていれば、プレゼントは記念日を多少過ぎたっていいんじゃないかな?と正当化していますが、まだの人は日頃の感謝を込めて今からでもいかがですか♪


The following two tabs change content below.
YOHEI MURAKAMI

YOHEI MURAKAMI

あるかどうかもわからない「人生の黄金比」を模索しながら年に半分は世界を放浪。食いぶちは、写真・映像・ライティング・グラフィック・WEB など。日本にいるときはハイエースが家のリアル車上生活者。
YOHEI MURAKAMI

最新記事 by YOHEI MURAKAMI (全て見る)

Translate »