003

巨匠×デニム

デニム界の巨匠 林芳亨(はやし よしゆき)氏監修による尾道デニムプロジェクト。日本を代表するデニムブランド「Denime(ドゥニーム)」の創始者として知られる林氏は、「自分のデニムは洋服ではなく、いわば道具。何年経っても手に入れることができる理想の定番を作りたい」という考えのもと、20年以上にわたり理想のデニムを追いかけ、デニムデザイナーとして頑なこだわりで職人たちを牽引してきた人物。生まれ故郷が尾道の隣町・松永である林氏は今回、私たちの備後地域を活性化しようという想いに深く共感され、本プロジェクトの監修を心よく引き受けていただいた。

logor

「毅然たる」

そんな日本屈指のデニムデザイナー林氏が、満を持して創り上げたブランドが「RESOLUTE / リゾルト」 その意味は、「毅然たる」「意志の固い」「断固とした」。20年目にして見えてきたというデニムの理想が今、不屈の意志で実現される。林氏がこだわるのは、中国地方備後地区のオリジナル生地。日本屈指の職人と組み、旧式の染色方法、織り機で完成させた生地には、他とは全く違う毛羽立ち・ザラつき感がある。おろしたては違和感さえ覚えるほどの毛羽立ちだが、そんな生地だからこそ、穿きこむことで絶妙な色落ちと風合いが生まれるのである。糸の一本一本の縫製まで妥協せず創り上げたデニムは、まるで体に合わせて成長するように完成していく「スマートデニム」 。プロジェクトでは好みに合わせてシルエットの違う代表モデル710と711を使用し、それぞれの物語を刻み込む。

 「Made in Japan」といえば、クルマやアニメだけではない。
世界にも評価されているのがジャパン・デニムだ。

織りに使用する糸、ロープ染色の色目、ステッチの色目と素材、ミシン、商品のディテール、そして、プロジェクトで洗濯する釜、その全てにおいて、デニムデザイナー林氏が20数年間こだわり、理想を追い続けた事により生まれたデニムである。 今回のデニムは、”ただ古い機械を使えば良い”とか、”生地の染め上がりがヴィンテージっぽい色目になっていれば良い”というのではなく、更に深く掘り下げ、”古い機械をどう使うべきなのか”、また、”穿き古した後にどんな色になるのか”、 ”どんなアタリ感になるのか”というところまで突き詰めたデニムである。それこそが本来のデニムのあるべき姿ではないだろうか。