尾道デニム写真集 page29

By 2017年7月29日NEWS

LOT No.421A
職業:ラムネ屋
MODEL:RESOLUTE 710
SIZE:W85cm/L67cm(W34/L29)
price:¥38,800+tax

夏といえば冷たい飲み物!冷たい飲み物といえばサイダー!ラムネ!ということで今日はそんなラムネ屋さんのデニムを紹介したいと思います。

尾道の街から渡船で約5分、向島に渡るとフェリー乗り場から少し歩いたところに後藤鉱泉所(後藤ラムネ製造販売所)はあります。ここではラムネなどの清涼飲料水の製造販売を行っています。奥が工場になっており、販売されている飲み物はすべてここで作られています。

ラムネのほかにミルクセーキやクリームソーダなどがあります。瓶は今では作られていない貴重なもののため、持ち帰りはできません。 廃業したメーカーの瓶を引き取って使っているので、よく見ると同じ飲み物でも瓶のデザインも1つ1つ違い、レトロですごくかわいいですね。

長年変わらず愛され続ける味を手間暇かけ、製造から販売、配達をして回るお父さんのデニム。ラムネ屋さんと言っても体力仕事。配達に行くときは、重い瓶の入ったコンテナを持って階段を駆け上がったりとかなりの重労働なのです。

「正直もうしんどいわぁ」と本音を吐くお父さんですが、ラムネに対するこだわりや愛情が伝わってきます。

コンテナを持ち運ぶ際に擦れることで、フロントボタンからももの上部分にかけて色が落ちています。立ったりしゃがんだりする中でできた自然な下がりヒゲがすごくいいですよね。

ただかっこよく色落ちしているだけではない!日々の仕事での努力がこうしてデニムに表れています。それをぜひ感じていただきたいと思います。

 

そして前回穿いていたデニムを購入されたお客様は実際に会いに来てくれたそうです!お父さんもお客様もとても喜んでいただきました。私たちも嬉しい瞬間です。デニムが人と人を繋いだ瞬間ですね。

かわいいお母さんが素敵な笑顔で出迎えてくれます。

また飲みたくなる、また会いたくなる。そんなお店で1年を共にしたデニムです。


The following two tabs change content below.
KYO WATAYOSHI

KYO WATAYOSHI

今までただのファッションアイテムだったデニムが、このプロジェクトでは人と人を繋ぐアイテムになっています。そんな魅力に引き寄せられ尾道にやってきました。尾道の個性豊かで濃ゆ~い街の人々の魅力、そして働く姿のかっこよさというものを、デニムを通して発信していきたいと思います。
KYO WATAYOSHI

最新記事 by KYO WATAYOSHI (全て見る)

Translate »