尾道デニム写真集 page1  

こんにちは。ONOMICHI DENIM SHOPです。
突然ですが「尾道デニム写真集」始めます!

ONOMICHI DENIM SHOPで販売している個性豊かな尾道デニムを皆さまにご覧いただきたいと思い、ランダムに1本ずつご紹介していきます。継続は力なり!と言うことで、続けることを目標に頑張ります。

さて、「尾道デニム写真集」の記念すべき1ページ目でご紹介するデニムはこちら。
125BF

LOT No.125B
職業:造船業
ベースMODEL:RESOLUTE 711
サイズ:W78cm/L72cm(W31inch)
price:¥32,000+tax

尾道は造船業が盛んなまちですが、基本的にはどこも制服が常識。オイルにまみれ、火の粉が飛び散る中で鉄と格闘する危険な仕事ですから、安全のために専用の制服の着用が義務付けられているのです。このデニムの穿き手の方はそんな中、制服ではなくこのデニムを穿いて1年間お仕事を続けてくださいました。
125BB

一番の特徴は右脚のこのアタリ。穿き込みの途中で右膝に大ケガをし、装具を付けながら、なんとその上からデニムを穿いてお仕事を続けていました。このデニムの右脚には、その装具の跡がくっきりと残っています。
IMG_1139

オイルがデニム全体に染み込み、火の粉が散って焼け焦げている箇所もあります。ハードな使用と洗濯・乾燥を繰り返したことで革パッチも縮み、割れて取れてしまっています。ですが、この造船業デニム、個人的にはすごくカッコいい1本だと思っています。このデニムに刻まれたストーリーを写真から感じていただければ嬉しく思います。
IMG_1141

「尾道デニム写真集」1ページ目は造船業デニムのご紹介でした。それでは次回をお楽しみに!


The following two tabs change content below.
WADAMIKIHIRO

WADAMIKIHIRO

学生時代にデニムと出会い、デニムの仕事に携わり続けてかれこれ20年。穿き込むことでどんどん自分にフィットしていくデニム本来の魅力は勿論のこと、尾道デニムを通じて人と人とが繋がることの楽しさを、たくさんの方にお伝えしていきたいと思っています。
Translate »