尾道デニムの創り手

By 2015年6月15日NEWS, REPORT

これからご紹介するのは、PHASE 1の尾道デニムの創り手さんたち。(270名中の一部です)

11292983_839222446163132_827706155_n

我々が考える尾道デニムの格好良さとは・・・

11301451_839222472829796_1539364299_n

日々、一生懸命働く方々のリアリティ。

11336006_839222452829798_157542612_n

1人1人が違う個性を受け入れ、

11354831_839222449496465_1880382824_n

デニム1本1本の背景が、全部違う偶発性を楽しみ、

11356153_839222469496463_655101570_n

そして、その物語がノンフィクションであること。

11418221_839222459496464_1720708332_n

その個性がデニムの色落ちにも表れ、デニムを通じて、尾道のまちの雰囲気=人々の空気感となって伝わる。

11418508_839222466163130_1516263726_n

住職、農家、漁師、造船業、保育士、ラーメン屋、

11421649_839222456163131_2115817850_n

みんな、尾道を愛し、日々を営んでいる。

11537180_839222476163129_1604370489_n

どんな人にも仕事にも、それぞれ大切な役割があり、目に見えないところで助け合いながら暮らしていること。私も、尾道に来て実感しています。

本当に自分が魅力あるものを発信する仕事が出来たら・・・と思い続けていた1つの形が、私にとってONOMICHI DENIM PROJECTの企画・広報という立場を担わせていただくことになり、つくづく光栄に思います。

現在は、PHASE 2(2014年7月〜)として尾道を舞台に約90名の方たちと個性ある尾道デニムを創り上げる一方で、ONOMICHI DENIM CARAVANや、旅するデニムという企画により、尾道以外の方との交流が拡がってきています。初対面の方でも、尾道デニムがコミュニケーションツールになり、新たな出会いや繋がりが形になってきています。

これは、決してプロジェクトをやっている自分たちの力ではなく、前例のないことや運営側に至らぬ部分があっても協力し続けてくださる方、そして、そこに価値を見出してくださる方があって成立するプロジェクトです。

現在制作中のUSED デニム 180本(90名×2本)も、間違いなく格好良いです。そして、そのデニム1本1本の物語を、ここからさらに深掘りしてお伝えしていきたいと思います。


The following two tabs change content below.
KASUMI OGAWA

KASUMI OGAWA

関東から移住してすぐに尾道のまちと人と関わり、立ち上げた愛すべきプロジェクト。“尾道から世界へ”という夢を実現するためには、格好いいデニムが出来上がることに加えて、そこに注がれる熱が必要不可欠だと感じます。ONOMICHI DENIMを想像がつかない世界へ連れていきます!
Translate »