SANKEI EXPRESS 掲載 (5/15発行)

By 2015年5月18日INFORMATION, MEDIA

こんにちは。本日の尾道は雨ですが、しっとりとして、また良いものです。観光で足を運ばれた方の雨の日の尾道の過ごし方は、どんなことされるのでしょう。渋い純喫茶に行ったり、室内から尾道水道を眺めてみたり、シネマ尾道で映画を見たりも良いですし、出会った町の方とお喋りして過ごす時間も良いものです。その旅のスケジュールにONOMCIHI DENIM SHOPもぜひ。

余談ですが、先週は珍しく大きな雷も鳴り、近くで落雷の被害もあったようです。落雷の際は、電化製品は電源を切ったり、コンセントを抜くなど、基本を知っているかどうかで対処も変わってきますね。東京の暮らしでは意識すらしなかった生きるための知識が、ここでは必要とされます。本当に毎日が勉強です。

さて、2014年12月に開催したKYOTO CARAVANでお会いした北林功さんが、5月15日付けで発行されたSANKEI EXPRESSの本誌で当プロジェクトについてご紹介してくださいました。
プロジェクトの紹介記事は下記WEBページからもご覧いただけますので、チェックしてみてください。

▼【RE-DESIGN ニッポン】

キャラバン後も、旅するデニム企画などでお世話になっています。

DENIM CARAVAN in KYOTO(写真右:北林さん)

DENIM CARAVAN in KYOTO(写真右:北林さん)

北林さんは、現代に受け継がれる多様な素材や技術、人を「京都」の感性で融合し、国内外に発信する「COS KYOTO」代表/コーディネーターをされており、SANKEI EXPRESSでもコラムを書かれているそうです。

尾道デニムが掲げるコンセプトに共感していただき、各地でご活躍されている方に発信のご協力をいただけることは、とても嬉しいことです。そういった方々に恥じぬことのないよう、スタッフ一同、日々精進してまいります。


The following two tabs change content below.
KASUMI OGAWA

KASUMI OGAWA

関東から移住してすぐに尾道のまちと人と関わり、立ち上げた愛すべきプロジェクト。“尾道から世界へ”という夢を実現するためには、格好いいデニムが出来上がることに加えて、そこに注がれる熱が必要不可欠だと感じます。ONOMICHI DENIMを想像がつかない世界へ連れていきます!
Translate »