Edea 特集『ONOMICHI DENIM PROJECT』掲載

By 2015年3月14日NEWS

「尾道デニム」というキーワードが広がっていく
先日取材を受けたWebメディア「Edea」にて、当プロジェクトを取り上げていただきました。あの、知る人ぞ知る「尾道の寅次郎さん」の正体が明らかに!

「Edea」とは?
人びとの暮らし中にあるエンタテインメント、特に、その地域が持つ魅力、伝統・文化やものづくり、まちづくりなどにフォーカスして取材活動を行っているそう。エンタテインメントといってもいわゆる「娯楽」ではなく、「人の生活を彩るすべてのこと」と捉え、新しい挑戦や新しい気づきとなる取り組みを広く特集することがコンセプトだそうです。特に現在は日本から世界へと価値を独自の発信している取り組みに注目しているそうで、 その中で、尾道デニムプロジェクトに興味を持ち、今回掲載いただく運びとなりました。

▶︎Edea 特集『ONOMICHI DENIM PROJECT』編
http://edea.jp/japanese/japan/hiroshima/onomichi/onomichi-denim_p1.html

今回の記者の岸本さんは、日本の強みを世界に対して如何にアプローチしていくかなど、広い視野を持ちながらお仕事をされていて、我々スタッフも非常に刺激を受けました。年齢が近い方と尾道デニムを切り口に、いろいろな価値観を話し合うのはとても面白いです。デニムもご購入いただき、ありがとうございました。またデニムを穿いて尾道で集合しましょう!

10996160_1584954318386035_2453008697827537282_n


The following two tabs change content below.
KASUMI OGAWA

KASUMI OGAWA

関東から移住してすぐに尾道のまちと人と関わり、立ち上げた愛すべきプロジェクト。“尾道から世界へ”という夢を実現するためには、格好いいデニムが出来上がることに加えて、そこに注がれる熱が必要不可欠だと感じます。ONOMICHI DENIMを想像がつかない世界へ連れていきます!
Translate »