オンライントークイベントに参加します!【REKROW TALKS #02 】ゲスト 花田浩朝さん×廣田悠子さん×ONOMICHI DENIM PROJECT・REKROW

By 2021年6月23日EVENT

尾道デニムプロジェクトを行う、ディスカバーリンクせとうちでは、ワークウエアの産地型サーキュラーエコノミーを実践するプロジェクト「REKROW」をスタートさせました。
REKROWでは、産地のものづくりを広く発信するとともに、産地発循環型経済の可能性について様々な分野の方々と対話をしていくトークイベント「REKROW TALKS」を行っています。

【REKROW TALKS #02】
日時:2021年6月26日(土) 13:30-15:30
Online生配信:https://youtu.be/Ga_u0vHWLS4

第2回目の今回は尾道デニムプロジェクト スタッフの綿吉も参加させていただきます。

REKROW TALKS ♯02のトークテーマは、RIPPLE EFFECT(波紋を広げる)

画像3

約15年間に渡りサスティナブルの記者として業界の動向を伝え課題に向き合い、さらに現在もなお活躍の場を広げておられる、サスティナビリティ ストラテジストの廣田悠子さんと、今回、REKROWの素材を活用した商品開発に取り組んでいただいている、文化服装学院の講師、花田浩朝さんをお迎えし、ONOMICHI DENIM PROJECTから始まるREKROWの可能性についてトークを展開していきます。

今回のトークイベントの会場は文化服装学院。学生さんも交えて楽しくお話が出来ることを楽しみにしております!
なお、文化服装学院のインダストリアルマーチャンダイジング科の学生さんによるプレゼンテーションもございます。

↓文化服装学院とのお取り組みについてはこちら

文化服装学院×尾道デニムプロジェクト スタート

ぜひこの機会にONOMICHI DENIM PROJECT、そしてREKROWに触れてみてください。

【REKROW TALKS #02】
ゲスト:花田浩朝さん/廣田悠子さん/綿吉杏
テーマ:RIPPLE EFFECT / 波紋を広げる
日時:2021年6月26日(土) 13:30-15:30
Online生配信:https://youtu.be/Ga_u0vHWLS4
参加費:無料
*事前予約は不要です。アーカイブ公開予定。

【GUEST】
■花田 浩朝さん
学校法人文化学園文化服装学院 専任講師
https://www.bunka-fc.ac.jp/
文化服装学院アパレル技術科を卒業後、同学校に入社。2005年、初の直営校となる広島校開校の責任者として広島に赴任。広島発の子供服ブランド「emma de choeur」の運営サポートを行う。2015年より東京校インダストリアルマーチャンダイジング科の講師を務め、将来ブランド運営を目標とする学生に向け教鞭をとる。

画像4

■廣田 悠子さん
サステナビリティ ストラテジスト
https://www.wwdjapan.com/author/yukohirota
石川県小松市生まれ。2006年INFASパブリケーションズ入社し、「WWDJAPAN」記者として海外コレクション、セレクトショップ、百貨店、シューズなどの分野を担当し、18年サステナビリティ分野を新設。21年6月独立。「WWDJAPAN」コントリビューティング・エディターやアパレル企業のアドバイザーを務める

画像1

■綿吉 杏
ONOMICHI DENIM PROJECT 責任者/REKROW

http://www.onomichidenim.com/
https://rekrow-hiroshima.com/
2017年 ONOMICHI DENIM PROJECTスタッフとして株式会社ディスカバーリンクせとうちへ入社。USEDデニム製作から店頭での販売、商品開発、コンテンツ企画などを行う。REKROWプロジェクトも兼務。

画像3

——
■REKROW 発信サイトについては下記をご参照ください。

HP:http://rekrow-hiroshima.com/
Instagram:https://www.instagram.com/rekrow_hiroshima/
Facebook:https://www.facebook.com/rekrow.hiroshima
Note: https://note.com/rekrow_hiroshima
■お問い合わせ先
Tel:0847-44-9833
Mail:info@rekrow-hiroshima.com


The following two tabs change content below.

KYO WATAYOSHI

今までただのファッションアイテムだったデニムが、このプロジェクトでは人と人を繋ぐアイテムになっています。そんな魅力に引き寄せられ尾道にやってきました。尾道の個性豊かで濃ゆ~い街の人々の魅力、そして働く姿のかっこよさというものを、デニムを通して発信していきたいと思います。
Translate »