尾道デニム写真集 page37

By 2018年8月12日NEWS

LOT No.475A
職業:ガラス職人
MODEL:RESOLUTE 710
SIZE:W76cm/L69cm(W31/L30)
price:¥38,800+tax

本日はとっても可愛いガラスの御守りを作っておられるガラス職人さんのデニムをご紹介したいと思います。

とってもシンプルで女性らしい色落ちのこちらのデニム。体を大きく動かしたり外での作業ということはあまりないので、ゴリゴリのヒゲやアタリが付いているわけではありませんが、全体的に柔らかい優しいブルーになっています。

このデニムの特徴は膝上の色落ち。なぜここが色落ちするのかというと、ガラス棒を切ったり熱したガラスを冷やす作業などは、台の下ですることが多く、その際に腿で支えているからのようです。

このような感じです。座っての作業が多いからかボタンのあたりもしっかり出ています。

作業場には可愛らしいガラス玉の数々が。そんなカラフルなものと共にガスバーナーやペンチなどの工具が並んでいます。カラフルなものと武骨な工具たちのコントラストに職人さんの作業場だ!かっこいい…!とつい興奮してしまいます!

ワクワクする可愛さ!

ひとつひとつ丁寧に想いを込めて作られたガラス玉はとても綺麗です。ガラスを溶かす加減で形や模様、ラインの太さを調整する細かな作業はまさに職人技。配色や模様も決して同じものができることはありません。感覚というかセンスというか。

私もこのガラス玉づくりを体験させていただきました!もちろん思い通りにはいかず記念すべき1作目は割れてしまいました。。(笑)


何とも言えないお肉感のある色に(笑)

ガラス玉作りはとても集中力が必要で、繊細な手先の動きで作品を作っていきます。デニムの色落ちそのものは他の職人さんと比べると迫力に欠けるかもしれませんが、このデニムにはガラス職人さんならではの繊細さや、女性らしい柔らかさを感じていただけると思います。

 


The following two tabs change content below.
KYO WATAYOSHI

KYO WATAYOSHI

今までただのファッションアイテムだったデニムが、このプロジェクトでは人と人を繋ぐアイテムになっています。そんな魅力に引き寄せられ尾道にやってきました。尾道の個性豊かで濃ゆ~い街の人々の魅力、そして働く姿のかっこよさというものを、デニムを通して発信していきたいと思います。
Translate »