プロの仕事「トレース裾上げ」

By 2016年8月21日INFORMATION

こんにちは。ONOMICHI DENIM SHOPです。
今日は「トレース」という手法の裾上げについてご紹介したいと思います。
「トレース」とはいったいどんな裾上げ方法なのか?ご存じない方も多いと思いますが、この機会にぜひ豆知識として覚えてください。

裾上げしたいけど、裾のアタリが消えてしまう!
IMG_1928

穿き込まれたデニムの裾には写真のようにきれいなアタリが出ています。でも裾上げをしてしまうとせっかくのアタリの部分をカットすることになり、全体にユーズド感があってカッコいいデニムも裾だけツンツルテンになってしまいます。これが嫌で長いままズルズルと穿いている方もたまにいらっしやいます。

裾のアタリを残したまま裾上げしたい!
IMG_1926

はい。それが可能なのが「トレース」裾上げです。上の写真は尾道デニムをお買上げいただいたお客さまが5cmの裾上げを依頼されたものです。一見すると何も無かったかのような自然な仕上がりでとてもきれいですね。

注意点
IMG_1923

1つ注意点があります。表からじっくり見ると裾の金茶のステッチの上に紺色の目立たない糸でステッチが入っています。そして裏を見るとカットした上側の生地が少し裾部分に重なっています。端部分にはロックをかけてあり丁寧な仕上げとなっていますがロールアップをすると見えてしまいます。
この点をご理解いただいた上で、お気に入りのUSEDデニムを裾のアタリを残したまま裾上げしたいという方はONOMICHI DENIM SHOPへお問合せください。¥4,000(税抜)で承ります。もちろん当店でお買上げ以外のデニムでも対応致します。※極端に裾幅の細いシルエットや極端に長いカット幅は対応できないケースもございますがご了承ください。

それでは残暑厳しい日々が続きますが、皆さまどうぞデニムライフを楽しんでください。


The following two tabs change content below.
WADAMIKIHIRO

WADAMIKIHIRO

学生時代にデニムと出会い、デニムの仕事に携わり続けてかれこれ20年。穿き込むことでどんどん自分にフィットしていくデニム本来の魅力は勿論のこと、尾道デニムを通じて人と人とが繋がることの楽しさを、たくさんの方にお伝えしていきたいと思っています。
WADAMIKIHIRO

最新記事 by WADAMIKIHIRO (全て見る)

Translate »