再び出逢う喜び

By 2015年11月2日石原かづ枝

先日、鳥取の倉吉市にお絵描きに伺いました。

image
「かづ枝さん、デニムだいぶ色が変わってきましたね!」と一緒に行った方から声をかけてもらった尾道デニム。

1日お絵描きするとペンキ汚れはないものの、無理な体勢で描くときや膝をついての体勢などデニムが私の体を護ってくれます。
その分、洗濯もすることが多く全体的に色が落ちてきて、だんだん「お仕事デニム」らしさが出てきてます。
image
今回は遠方のお仕事で顔馴染みの方も少なくいのですが、絵を描いていると「こんにちは!お久しぶりです‼︎」と明るい声がしました。
以前、別のお店でも取り仕切りをしていたスタッフさんでした。

今回、出逢えるとは思っていなかったので再び出逢えたことがとても嬉しく、変わらない明るさに心強くなりました。
image
私のお仕事は壁に向かって描くだけなのですが、やっぱりそれを取り巻く人との出逢いや気持ちで、「今回もいい絵を描くぞ〜‼︎」と益々張り切るのであります。

一度でも想い出深い出逢いもある。
再会で花が咲く出逢い。
何度も何度も逢って時をかけて作られた間柄は他には代えがたい。

どんな出逢いも楽しみなものです。


The following two tabs change content below.
KAZUE ISHIHARA

KAZUE ISHIHARA

関連サイト星屑社
岐阜の郡上八幡でデザインのお仕事をしつつ、ほとんどオープンしないことで有名な☆星屑社☆という雑貨屋をしています。いろんな所に絵を描きに出かけることも多く、愛着の持てる仕事着が欲しいなぁと思っているところに…
KAZUE ISHIHARA

最新記事 by KAZUE ISHIHARA (全て見る)

Translate »