尾道デニムショップのサービスーREPAIR編ー

By 2015年5月18日INFORMATION

当店では、尾道デニム、NEWデニムの販売以外にも、サービスとして島根県奥出雲の工場で洗う本格的な洗いのサービスや、リペアのサービスも行っております。どちらも、他メーカー様の商品ももちろん対応致します。
今回は、最近当店で行ったリペアをご紹介致します。


股部分+バックポケットのリペア

■BEFORE

IMG_7479

IMG_7480

IMG_7481

IMG_7485

■AFTER

IMG_7726

IMG_7727

IMG_7721

股部分は圧力がかかりやすい為、運針を細かくし、ステッチの間隔を狭くすることで強度を出しています。

IMG_7725

糸色を色落ちした生地の色に合わせ、なるべくリペア部分が目立たないようにしています。
また、裏の生地もご相談頂けます。

ボタンホールのリペア
■BEFORE

ボタン

ボタンホールのほつれを約数ヶ月放置し、洗いをかけたことで生地がはじけてしまったデニム。

■AFTER

IMG_7719

ここまでいってしまうと、綺麗に直すことは難しいですが、使えるようにはなります。元々のボタンホールの大きさよりは拡大してしまうので、フロントボタンはほつれが気になってきたら早めのお直しをお勧めします。

リペア部分の再リペア
■BEFORE

IMG_7491

IMG_7496

横方向に裂けているデニムをさらに横方向にリペアをしている状態です。この方法だとせっかくリペアを施しても強度が上がらないので、一度全て解きます。

IMG_7498

裏側を確認すると耳も巻き込んで縫い上げていました。
再リペアをしてから履こうと古着屋さんで購入したデニムとのこと。なかなかいいリペア屋さんが見つからなかったということで、わざわざ県外からお持ち込み頂きました。


■AFTER

IMG_7652

IMG_7660

破れてしまった方向から垂直にリペアすることで強度をUPさせ、間隔も狭くとることで圧力のかかりやすい膝をカバーしています。当店のリペア方法は全部で4種類ございますが、膝部分は今回の方法が強度と見た目を考えるとこのやり方がベストです。

他の種類のリペア方法と価格については下記URLの「リペアサービス」をご参照下さい。
http://www.onomichidenim.com/shop

リペアの価格/納期について
■価格

価格はリペア方法によって異なりますが一箇所1,600円〜3,500円です。破れた大きさや位置、生地の状態等によって、最適なリペア方法と、糸色、糸の太さ、裏のあて布等々…細部までご相談頂けます。

■納期
お持ち込みから仕上がりまでは1週間〜10日程度です。状況によって前後する場合もございますので、ご了承下さい。

遠方のお客様へ
当店のリペアサービスは、仕上がりイメージをお客様と直接ご相談させて頂いた上でお受けしておりますので、基本的にお持ち込みのみとさせて頂いております。
但し、リペア方法をお任せ頂けること、送料をご負担頂けることが可能な場合は、対応致します。
詳しい内容は下記のアドレスかお電話でお問い合わせ下さい。
MAIL:info@onomichidenim.com
TEL:0848-37-0398
ONOMICHI DENIM SHOP 担当:濱野

リペアをしながら履き続けることができることが、デニムの魅力の一つでもあると思います。破けて穴が空き、履けなくなってしまった1本があった!と思い出したお客様、デニムのお持ち込みをお待ちしております。


The following two tabs change content below.
MARIKO HAMANO

MARIKO HAMANO

神奈川の実家でプロジェクトの特集をTVで見て衝撃を受けた。気付けば車で尾道へ向かい、今はSHOPで働いている。コンセプトのあるお洋服が山ほどある中、ノンフィクションの物語が詰まっているのはONOMICHI DENIMだけ。素敵な1点モノが、毎日をワクワクさせてくれます!
MARIKO HAMANO

最新記事 by MARIKO HAMANO (全て見る)

Translate »